電動歯ブラシの「ソニックケアー」は歯槽膿漏であっても使える?

市販されている電動歯ブラシの種類は一昔前に比べると格段に多くなりました。


中でも超音波歯ブラシの「ソニックケアー」は歯医者さんでもお勧めされるほど良い電動歯ブラシとして知られていますが、歯槽膿漏であってもこの「ソニックケアー」は問題なく使用できるのでしょうか?


まず「ソニックケアー」について少し説明しておきますが、「ソニックヘアー」はブラシの先のヘッド部分が超音波によって超高速振動することで音波水流を発生させるという超音波電動歯ブラシです。


超音波とは普通人間の耳では聞くことのできない160万~200万Hzの周波数の音波のことを言います。


歯と歯の間や奥歯にたまった歯垢は手動の歯ブラシではなかなか取り除くことができませんが、超音波により発生した音波水流を使えば効果的に取り除くことができます。


そのうえ歯と歯茎に負担をかけることなく歯周ポケットの中にたまった歯垢(プラーク)を取り除くことも可能です。


歯槽膿漏は歯茎に起きる炎症の中でもかなり症状が進行したものであり、歯茎の腫れのほか血や膿がでるという特徴があります。


「ソニックケアー」は先にも述べたとおり歯茎に負担をかけない歯ブラシではありますが、いきなりこのようにひどい歯槽膿漏の状態の歯茎に使用するのはお勧めできません。


なぜならいくら「ソニックケアー」で歯垢(プラーク)を取り除いたとしても歯槽膿漏の原因となる歯茎の中の歯石(歯肉縁下歯石)まで取り除くことはできないからです。


また確かに「ソニックケアー」は歯と歯茎に優しい歯ブラシですが、あまり重度の歯槽膿漏の場合は逆に歯茎を傷つけて症状を悪化させてしまう恐れもあります。


そのため歯槽膿漏でも「ソニックケアー」を使用したいという場合には、まず歯医者さんで歯槽膿漏の治療を行うのが先決だと言えます。


歯槽膿漏の進行具合には個人差がありますが歯医者さんにかかればそれぞれの症状に応じた治療を受けることができます。


また歯槽膿漏を改善させるには歯医者さんでの治療を受けるだけでなく常日頃からのブラッシングなど自分でのお手入れも重要です。


そのため歯医者さんでの治療を受けつつ、歯医者さんの指導の下「ソニックケアー」使って歯磨きをするのが最も望ましいと言えるでしょう。


様々な検証結果から「ソニックケアー」が歯垢(プラーク】の中の細菌を破壊してくれることは証明済みですし、「ソニックケアー」の毛先は柔らかいため上手に使いさえすれば歯槽膿漏であっても使用することはできるでしょう。


歯医者さんで歯槽膿漏の治療を受け同時に「ソニックケアー」で歯周ポケットに溜まった歯垢(プラーク)を取り除くことで、確実に歯槽膿漏の症状を改善することはできるのです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。