虫歯かもしれないと思うとき

虫歯かもしれないと思うときってどんなときだろう・・・。


一般的には歯が黒くなっているとか欠けているとか痛い、しみるなどの症状で虫歯かもしれないと思うのでしょう。


虫歯が作られる原因は糖質、細菌、歯質、時間の4つの要素が関与しています。


これら一つでもなくなると虫歯にはならないのです。


虫歯を予防するには歯磨きだけで良いというわけではありません。


甘いものをできるだけ避けるだけでなく日常的によい生活習慣を送ることが大切です!


初期の虫歯は歯の表面が白く白濁してきます。


次に歯の色が黒くなっていきます。


特に進行した虫歯で神経をとってしまった場合は歯全体が黒褐色になるので、自分で虫歯の発見や進行具合の参考にしてください!


また虫歯になり進行すると冷たいものから温かいものがしみるようになります。


自然に痛みがなくなったからといって虫歯が治ったわけではありません。


逆に虫歯が進行していることが多いので注意しないと激痛になることがあります。


こうなる前に早く虫歯に気づき治療を行うようにしましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。