歯茎が痩せていく!その原因はなんですか?

最近になって歯茎が下がってきたなと感じる事はありませんか?


鏡をみたときに歯茎が痩せてきたなと思うことはありませんか?



そもそも歯茎が下がったり痩せたりするということは老化現象の一つなのです。


加齢が原因で歯茎が衰えてきているのです。


しかし老化現象だからとあきらめることはありません。


日々のケアで歯茎の老化は防ぐことができるからです。


そもそも歯茎が痩せる原因の一つには歯周病があります。


歯周病になると歯茎が腫れて出血し歯肉炎になります。そこからやがてプラークがたまり、炎症がすすむと歯を支えている骨が溶けてしまうということになってしまいます。


歯周病は自覚症状がないことが多く気が付いた時には手遅れになっている事もあるのです。


そうなる前に日々のお手入れで防ぐことが大事ですね。


それには毎日の丁寧な歯磨きによって歯周病を予防することができるのです。


しかし間違った歯磨きでも歯茎が痩せることがあります。


ゴシゴシと力を入れて強く磨いてしまうと、柔らかい歯茎まで削れてしまい、
それが原因で歯茎の老化が始まることもあるのです。


歯間ブラシも強引に使用すると同様に柔らかい歯茎を傷つけてしまうことになりますね。


その他には噛み合わせが原因で歯茎が痩せることもあります。


歯ぎしりや噛み合わせの悪い歯は歯に強く負担がかかりますから歯茎が痩せて歯根がみえてしまうことがあるのです。


歯の矯正でも歯茎が痩せてしまうことがあります。


人工的に歯を動かしたことが原因で歯が下がってしまうからです。


歯茎が痩せる原因には色々ありますが原因がわかっているとその後の対処法がわかりますね。


まずは歯の状態をしっかりと観察して気になるところは歯医者さんによく相談してみるのがよいでしょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。