歯石があるとどんな悪影響があるのですか?

歯石はというのは歯の周りに付いている石のようなものですが細菌の塊と唾液と血液からできております。


歯ぐきから出血が多いと、それはその場所に歯石が多く付いているということになります。


では歯石があると、どんな悪影響を及ぼすと思われますか?


歯石のある場所では細菌がその場所を好んでそこに繁殖するということになります。


歯石は言ってみればその名の通り石のようなものですが軽石のように中に小さな穴が開いているのです。


細菌はその場所を住処として居座ってしまいます。


歯周病菌がその歯石の場所に住みつき、そして歯周病が益々悪化してしまうのです。


歯石は残念なことに、歯ブラシでは取り除く事が出来きません。


そして歯石をそのまま放置しておくと歯周病になってしまうのです。


歯周病になってしまうと食事が上手く噛めなくなったり歯が抜け落ちてしまったりするのです。


それは、歯の周りを歯周病菌が溶かしてしまうからなのです。


更に歯周病は糖尿病や心臓病その他様々な癌などの病気を招いてしまうことになるのです。


また、歯石は、口臭の原因にもなります。


細菌の住処になってしまうと先ほども書きましたが歯周病の原因にもなります。


歯周病になると歯ぐきが腫れたり出血や膿がでたりして、その部分から強い臭いがでて人間関係にも悪影響を与えます。


もちろん虫歯の原因にもなることは言うまでもありませんね。


なぜなら歯石をそのままにしていると、そこから菌が入り込み虫歯になってしまうからです。


歯石をそのままにしておくと歯の病気になるうえに全身疾患にも悪影響を及ぼし口臭もきつくなってしまいますから悪影響は大いにあるのです。


歯石は誰にでもついてしまうものですが、しっかりと歯磨きをして日々の予防を怠らず、そして、歯石がついてしまった場合は、早めに歯科で取り除いてもらうのがよいですね。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。