歯槽膿漏予防のための電動歯ブラシの使い方

歯周病が進行すると歯茎に膿が溜まったり歯がグラグラになってしまったりする歯槽膿漏になってしまいます。


歯茎から出血するなど異常が出た場合は早めに適切な処置をしてもらい歯磨き方法なども歯科医の指示に従いましょう。


そんな歯槽膿漏予防のために電動歯ブラシを効果的に使用するのもよいでしょう。
 
 
電動歯ブラシは自分でゴシゴシ動かさなくても歯に当てる場所を変えるだけで歯磨きができ便利ですが、なんとなく当てているだけでは磨き残しの場所ができてしまいます。


歯ブラシを45度くらいの角度に傾けて歯垢が溜まりやすい歯と歯茎の境目を丁寧に磨きます。


歯の噛み合せの部分は、歯ブラシを垂直に当てます。


上の前歯は歯ブラシを立てて磨きます。


下の奥歯の裏側は歯ブラシの先端の部分をうまく使用して磨きます。


電動歯ブラシは余計な力がいらずに便利ですが、きれいにしようと歯ブラシを強く押し付けてしまうと歯茎を傷つけてしまったりするので注意しましょう。


歯磨き粉もできれば電動歯ブラシ専用のものを使用することをおすすめします。


研磨剤の多く含まれた歯磨き粉や発泡剤が含まれた歯磨き粉などは電動歯ブラシにはあまり向きません。


歯ブラシも毛先が広がってしまうと歯垢を除去する効果も薄れてしまうので早めの交換をし虫歯や歯周病の予防をしっかりしましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。