歯槽膿漏の原因は?その対策は?

歯槽膿漏とは歯茎におこる炎症です。


歯の周りについた歯垢が溜まると歯と歯茎の間にある歯周ポケットが深くなり、この歯周ポケットの中に溜まった歯槽膿漏菌が増殖することで腫れたり膿が出るなど歯茎に炎症が起きます。


始めのうちは自覚症状がほとんどありませんが病気が進行するにつれ歯茎の中にある歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて歯がグラグラになり最終的には歯が抜けてしまいます。


ここでは歯槽膿漏の原因とその対策について詳しく見ていきます。


歯槽膿漏は細菌によって起こる病気であり歯槽膿漏を引き起こす細菌は歯垢(プラーク)の中に住みついています。


つまり歯槽膿漏を改善・予防するためには、歯垢(プラーク)を取り除くことが最も効果的な方法であると言えます。


言いかえれば歯垢(プラーク)を取り除かない限りは歯槽膿漏を引き起こす細菌を取り除くこともできないということです。


ではそのためにはどうすればよいかと言えば、やはり自分自身が正しい歯磨きをするということです。


歯垢はそのままにしておくと石灰化を起こしてやがては硬くなり「歯石」へと変化します。


歯の表面に歯石が付くと歯の表面がざらざらになるため、さらに歯垢(プラーク)が溜まりやすくなり細菌が増殖してしまいます。


そのため歯槽膿漏の対策としては歯石を取り除くことが大切なのですが、歯石は歯磨きで落とすことができないため、歯医者さんで取り除いてもらう必要があります。


また歯医者さんでは歯槽膿漏の原因となる歯肉縁下歯石(しにくえんかしせき)まできちんと取り除いてもらうことが大切です。


歯槽膿漏になる原因は口の中だけにあるのではありません。


体の病気が原因で歯槽膿漏になることもあります。


例えば糖尿病がそうです。


糖尿病になると細菌に対する体の抵抗力が弱くなり歯垢の中にも細菌が増えやすくなり歯槽膿漏になってしまうのです。


こうした糖尿病をはじめとする全身の病気にかからないよう常日頃から運動し規則正しい食事を心掛けることが歯槽膿漏の予防にも繋がります。


そして万が一糖尿病になってしまったとしても日頃から口の中を清潔にしておくことで歯槽膿漏にまで症状が悪化するのを避けることができます。


歳をとれば誰でも細菌に対する抵抗力は弱くなりますが、こうした加齢も歯槽膿漏を起こす原因となります。


統計にも、40~50代のおよそ88%に何らかの歯茎の病気が認められるという結果が出ています。


歳をとることは避けられないため仕方ありませんが、加齢とともに低下してしまう抵抗力を補い毎日の歯磨きをしっかりと行い細菌の数が増えないように口の中を清潔にしていれば、加齢による歯槽膿漏は避けることができます。


その他タバコやストレスも歯槽膿漏と深い関係にあると言われていますが、たとえ歯槽膿漏を引き起こす原因があったとしても常日頃から口の中を清潔に保ってさえいれば歯槽膿漏にまでなってしまうことはないと言えるでしょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。