歯槽膿漏のケアはどうしたらいいの?

歯槽膿漏では歯茎の痛みがあったり硬い食べ物を食べているとき痛むなど不快症状に悩まされます。


歯茎の腫れがあったり歯磨きをしているときに歯茎から出血するなどの症状がある場合は歯を失うなどの重症化をくい止めるために早めに歯科医を受診しましょう。


歯槽膿漏を重症化させないために毎日の歯磨きが重要です。


歯茎の痛みがあり炎症がある場合は、やわらかめの歯ブラシで時間をかけて丁寧に磨くことが大切です。


歯磨き粉も歯槽膿漏用の製品で炎症を押さえる効果のものを使用しましょう。


歯槽膿漏は歯周病が進行し痛みや膿が出る重症化した状態です。


歯周病の初期は自分でも気づきにくく日々の生活習慣により徐々に進行していってしまいます。


初期には歯茎の腫れや歯磨きの際出血するなど歯と歯茎の間の歯周ポケットなどに溜まった細菌が増殖していきます。


膿が溜まるようになると口臭も強く感じられるようになり歯茎の炎症だけでなく歯の根の部分の骨まで破壊しはじめます。


歯がグラグラ動くようになったり顎の骨まで溶けてしまい歯を支えきれず抜け落ちてしまう場合もあります。


歯槽膿漏の進行を抑えるには歯茎に異変を感じたら早期に歯科医で適切な処置をしてもらうことと日々の歯磨きなどで口腔内の清潔を保つことが重要です。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。