歯槽膿漏だけど歯間ブラシを使っても大丈夫なの?

健康な歯と歯茎の間というのは通常ピンク色で引き締まった三角状の形をしています。


しかし歯槽膿漏になると歯と歯茎の間の歯茎が腫れてしまいブヨブヨとした状態になります。


また歯と歯茎の間からは血や膿が出ることもあります。


最近では毎日の歯磨きをさらに効果的にしてくれるお助けグッズとして歯と歯の間を磨く歯間ブラシを使っている人も増えてきましたが歯槽膿漏になっている人でも歯間ブラシは使用してもよいのでしょうか?


歯と歯の間が密着している場合はデンタルフロス(糸ようじ)を使って掃除をするのがお勧めですが歯と歯の間に隙間があいている場合は歯間ブラシでなければきれいに掃除をすることができません。


歯間ブラシは歯と歯の隙間にブラシを直角に入れ、前後に動かして使います。


この時歯と歯の間に溜まった歯垢(プラーク)を取り除くためには、ゆっくりと動かすのがポイントです。


しかし歯槽膿漏で歯茎が腫れている時に歯間ブラシを入れてしまうと、逆に歯茎を傷つけてしまう可能性があります。


無理に歯間ブラシを入れて歯茎が傷ついていしまうと血や膿が更に出てしまうでしょう。


そして傷口から歯槽膿漏を引き起こす細菌が入り込み、さらに歯槽膿漏が悪化してしまいます。


そもそも歯槽膿漏で歯茎が腫れている状態ではうまく歯間ブラシを入れることすらできないと思いますが、歯槽膿漏で歯茎が腫れている時は無理やり歯間ブラシを使わないようにしましょう。


それでも歯槽膿漏の治療によって歯茎の腫れが治まり歯と歯の間に隙間ができるようになれば歯間ブラシを使うことはできます。


一口に歯間ブラシといっても先のブラシの太さによっていろいろなサイズがあります。


サイズは細い順からSSS・SS・S・M・Lといった種類に分けられていますが、特に歯槽膿漏の場合は楽に入れることができるサイズを選ぶことが重要です。


また清掃の操作が簡単で歯茎を傷つける心配のないものを選ぶことも大切です。


とはいえ歯と歯茎の隙間に対してあまりに細い歯間ブラシでは掃除の効果がありませんので気をつけましょう。


それから同じ口の中でも場所によって歯と歯の隙間の大きさは異なるため2種類くらいのサイズの歯間ブラシを用意しておき、うまく使い分けるとより効果的に掃除をすることができます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。