歯周病菌を除去するにはどうすればよいですか?

歯周病は歯周病原性を示す偏性嫌気性(へんせいけんきせい)グラム陰性菌(歯周病菌)の感染によって起きる病気です。


その住処である歯垢(プラーク)は毎日の歯みがきを怠るとすぐに厚く堆積してきます。


この歯垢(プラーク)に唾液中のカルシウムが沈着して石灰化し硬くなったものを歯石といいます。


表面がザラザラしているので歯ぐきを刺激して、また歯垢が付きやすくなるという悪循環をもたらします。


歯石になると歯みがきだけでは除去できませんので歯医者さんに行って取ってもらう必要がでてきます。


歯周病菌を完全に除去することはできませんが歯周病の治療とあなたの努力次第により歯周病菌を減少させることは可能なのです。


 歯石除去はどんなことをしますか?


 歯石除去については主に歯科衛生士が行います。


 歯石の除去には手用スケーラーと超音波スケーラーを用いて行います。


 ・まず超音波スケーラーで歯ぐきの上の比較的取れやすい歯石の除去を行います。


 ・次に手用スケーラーで歯ぐきの中の歯石を除去していきます。


 ・また歯の根っこの部分まで歯石が付いている場合は“ルートプレーニング”といって歯周ポケットの奥深い所まで特殊な手用スケーラーを入れて歯石を除去します。


 このように歯石除去を完全に行いますと歯周病菌も除去することができるのです。

 
・歯みがきの仕方を歯医者さんや歯科衛生士さんに指導してもらうとよいでしょう。


 しかし歯石除去を行ったからといってそのままにしておくと、また歯周病菌が増えてしまいます。


 歯ぐきの状態は一人一人違いますので、その人に合った歯ブラシや歯のみがき方も違ってきますよね。


 歯医者さんや歯科衛生士さんに、あなたに合った歯みがきの方法を指導してもらうことをお薦めします。


歯周病菌は歯周病の治療とその後の歯みがきである程度まで除去することはできます。


しかし一番大切なのは、この状態をあなたがキープし続けることなのです。


是非努力してみてください。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。