歯周病菌を殺菌する方法はありますか?

歯周病が細菌感染症であるとしたらなら、原因となっている細菌を殺してしまえばいいのでは? という疑問が生まれますよね?


つまり歯周病菌の殺菌ということですね。


歯周病菌をどのように殺菌するの?


例えば歯医者さんでは歯周病の治療で「殺菌」という処置を行っているのでしょうか?


一般に歯周病で歯医者さんに来院すると歯周基本治療と呼ばれる処置が行われます。


これは主に歯の表面に付着した歯石などを取る治療なのですが基本的には殺菌という処置は含まれておりません。


しかしながら最近では歯周病菌を殺菌するという治療を行う歯医者さんも増えてきました。


次亜塩素水が歯周病菌を殺菌する?


歯周病菌の殺菌には次亜塩素水と呼ばれる液体が使用されています。


この液体で歯周病を起こしている歯茎に作用させることに依ってその周囲に存在している歯周病菌を殺菌するのです。


次亜塩素酸という物質は、歯周病の治療だけに限らず様々な場面で殺菌剤として用いられておりますので、安全性には問題はありません。


その他には、オゾンを用いた殺菌方法もあります。


オゾンも殺菌効果があることで知られておりますので歯周病の治療に応用されていても不思議ではありません。


このように歯周病治療の中には歯周病菌そのものを殺すという方法があるのです!


しかしながら殺菌という処置は患者さんによっては適用できないケースもありますから歯科医師とよく相談してください。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。