歯周病予防はガムで本当に効果があるのですか?

歯周病予防のひとつにガムを噛むという方法があります。


しかし、ただガムを噛むだけで本当に歯周病予防になるのかは疑問ですよね?


ガムを噛むと沢山の唾液が出るのですか?


ではまずガムを噛むことの利点について考えてみることに致しましょう。


私たちの口はガムに限らず何かを噛むと唾液が分泌されるようになっています。そして、この唾液の中には歯周病菌を殺す成分も含まれているのです。


これを唾液が持つ殺菌作用と言います。また、この唾液はお口の中の食べカスなどを洗い流す作用も持っています。


ですから歯面に汚れが蓄積しにくくなるとともに細菌が住みにくい環境を整えることができるのです。


歯茎の血行も良くなりますか?


次にガムを噛むということで歯茎の血行が良くなるという利点を挙げることができます。


歯茎の血行が良くなれば細菌に対しても抵抗することができるようになるのです。その結果、歯周病予防にもつながっていくということなのです。


普段から運動をしていますと風邪をひきにくくなるというのと同じようものです。


ガムの中には歯周病予防の成分が含まれているのですか?


一般に市販されているガムの中には歯周病予防を目的として作られた商品もあります。こうしたガムには、歯茎の炎症を抑えるような成分が含まれております。


具体的にいえば「ラクトフェリン」などです。このような有効成分によって、歯周病予防を促進させることができるのです。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。