歯周病予防の歯の磨き方はありますか?

まず歯周病は歯ぐきの病気だということです。


歯の周りに歯垢(プラーク)がたまると歯ぐきが腫れてきて歯と歯ぐきの間に「歯周ポケット」というものを形成します。


この「歯周ポケット」は歯周病菌が大変繁殖しやすい環境にあり、ドンドン増殖していきます。


その結果、歯ぐきがひどく腫れてきて出血したり膿がでたりするのです。


最後は歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)を溶かし歯が抜けてしまうということになります。


そこで歯周病を予防するための歯の磨き方は、この「歯周ポケット」にたまった歯垢(プラーク)を除去することが一番重要です。


歯周病予防の歯の磨き方を紹介しましょう。


歯ブラシの選び方


 歯周病の方は歯ぐきが腫れていますから「かため」の歯ブラシは厳禁です。


 まずは「やわらかめ」の歯ブラシを選び、歯ぐきの状態が改善されてから「ふつう」の硬さの歯ブラシを使うことをおすすめ致します。


 材質はナイロン等の樹脂性のもの(ふつうに市販されています)がよいでしょう。


 柄の部分はまっすぐなストレートタイプで、毛先の形状はギザギザしているものではなく、毛先は平らになっているものが望ましいです。


 植毛は2列~3列ぐらいが適しているでしょう。


 あまり植毛の列の多い歯ブラシは歯周病予防の歯磨きには適しておりません。


歯ブラシの持ち方


 歯周病予防の歯の磨き方で適しているのは「バス法」というものです。


 この磨き方では人差し指と中指と親指の3本の指で鉛筆を持つように歯ブラシを持ちます。


 そして力を入れ過ぎずに軽く持つようにしましょう。


歯の磨き方


 まず歯ブラシの毛先を歯に対して45°ぐらいにしてから歯と歯ぐきの境目にあてます。


そして少し圧迫しながら小刻みに振動させましょう。


 あてた部分を4~5回ぐらい磨いたら徐々に横に動かして次を磨いていきます。


 歯の内側の前歯は歯ブラシを縦にして1本ずつ圧迫しながら振動を加えましょう。 


歯の内側の奥歯は、やはり歯と歯ぐきの境目に45°くらいにあて小刻みに振動させます。


 かみ合わせの部分は歯ブラシを歯に直角にあてて前にかき出すように5~6回動かして磨くのがよいでしょう。

バス法がよいのは歯と歯ぐきの境目にたまった歯垢(プラーク)を除去するとともに歯ぐきをマッサージして血行をよくし歯ぐきの炎症を抑える磨き方だからです。


しかし、この磨き方は歯ぐきや歯の根元を傷つけてしまうおそれがありますから余りゴシゴシ力を入れて強い力で磨かないよう注意してくださいね。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。