歯周病予防には電動歯ブラシが良いのですか?

以前に比べると電動歯ブラシはかなり普及してきました。


最近の電動歯ブラシには、モーターの回転で振動させる従来型の電動歯ブラシの他に、リニアーモーターの技術を応用して音波を生じさせる音波型の電動歯ブラシもあります。


また、ブラシの先の部分に電圧をかけ超音波を発生させる超音波型電動歯ブラシも開発され市販されています。


このような電動歯ブラシは歯周病予防に良いか? を検証してみましょう。


モーター式の電動歯ブラシ


 従来型の電動歯ブラシであり歯ブラシを振動させて歯垢(しこう)を除去するものです。


 歯周病予防には軟らかめの歯ブラシを取り付けて手で磨く時と同じように歯と歯ぐきの間に45°ぐらいにあてて磨いていくのがよいでしょう。


 ご自分の手で磨くのが面倒な方には歯ぐきのマッサージ効果もあるのでおすすめです。

 
音波型の電動歯ブラシ


 歯ブラシの先が音波によって高速振動するものです。


 この音波によって歯垢(プラーク)を除去していきます。


 音波型の電動歯ブラシは歯面にあてるだけでよいものが多いようですが音波が直接にお口の中の細菌にも作用しますので歯周病の予防につながります。


超音波型の電動歯ブラシ


 超音波型の電動歯ブラシは、ブラシの先の部分から160万Hz以上の超音波を発生させて歯垢(プラーク)を除去します。


 この超音波の効果により歯垢(プラーク)の中の細菌のつながりを破壊して細菌をより効果的に除去するものです。


 最近では「音波水流」を発生させるタイプのものが出てきており手で磨くだけでは取りきれなかった歯と歯ぐきや歯と歯の間の細かい歯垢(プラーク)まで除去することができるようになってきました。


 また「音波水流」で歯ぐきのマッサージができるため歯周病予防にも大変効果的です。


 従来型の電動歯ブラシでは手で磨く歯磨きとあまり効果は変わりませんが音波型や超音波型の電動歯ブラシは手で磨くより歯垢(プラーク)を除去し歯ぐきのマッサージも行うタイプもありますので歯周病予防には是非おすすめです。


しかし機能のすぐれたものほど高価にはなってきています。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。