歯周病の症状を自分でチェックする方法はありますか?

「あれ?これってもしかしたら歯周病?」と思うポイントがわかれば歯周病の早期発見早期治療にもつながってきますね。


ここでは歯周病の症状を自分でチェックする方法について解説します。


歯茎が赤く腫れている部分はないでしょうか?


歯周病の初期症状としてはまず歯茎の炎症が生じてきます。すると歯茎が赤く腫れて見えるようになりますから歯周病発症の一つのサインとして捉えることができるのです。


ただ歯茎というのは元々複雑な形をしていますから毎日に観察していないと腫れたかどうかというのはなかなか見抜くことはできません。


歯周病を本気で予防したり治療を進めたい人は日々お口の中の写真を撮っておくのもいいかもしれませんよ。


そうすれば歯茎の腫れや逆に腫れが引いた時にその症状の変化をチェックすることができるからです。


歯磨きの後に出血したら要注意ですか?


歯周病にかかると歯茎から出血が起こりやすくなってきます。そして特に出血が起こりやすいのは歯磨きの後です。


歯磨き後に歯茎から出血するようであればまず歯周病を疑いましょう。


その他歯周病の症状には歯茎の痛みというものもあります。これはものを噛んだ時に歯茎が痛んだり時には安静時にも痛むことがあります。


こういった症状を日々チェックしていますと歯周病の有無を早くに気づき判断できるようになりますよ。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。