歯周病による痛みを抑える方法

歯周病が原因で歯や歯茎が痛むことがあります。


もちろん歯周病の治療を行うことが大事ですが歯や歯茎が痛み出すと眠ることさえできなくなることもあります。


そんな時のために痛みの応急処置を紹介します。


歯周病の痛みを抑えるお薬とは?


歯周病の痛みを治療する目的のお薬はありません。


けれども、お薬によって痛みをある程度抑えることは可能です。


市販のお薬なら痛みをすばやくおさえる鎮痛成分を含む「ロキソニンS」などがお勧めです。


もともとこれは頭痛や生理痛を抑えるお薬で歯周病の痛み止めではありませんが服用することで痛みが和らぎます。


痛みどめとして虫歯の痛みにも効果があるので日頃から薬箱の中に常備させておいても良いかもしれません。


虫歯や歯周病の痛み止めとして歯医者さんでもロキソニンが処方されることがあります。


お薬以外の応急処置


もしも、お薬を切らしていて、どうしても眠れないという時は腫れている部分のほほ側から冷やすという方法もあります。


歯周病の痛みは炎症から生じていることがほとんどなので冷やすことで痛みを和らげることができます。


ただし直接、氷などを顎や歯茎に接触させることはやめましょう。


冷たいタオルなどを顎に当て間接的に炎症を抑える方が良いです。


投薬や冷却によって痛みを抑えることは可能ですが根本的な治療になっていませんので、きちんと治療を行うことが大事です。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。