歯周病と早産のリスク

歯周病と早産のリスクと全く関係のないことと思いがちですが妊婦さんが歯周病になると早期低体重児出産のリスクが約7倍も高まるという事がわかっています。


これはどうゆう事なのでしょうか?


実は妊娠中は特に歯周病が悪化しやすいのです。


妊婦さんはつわりがあったり口の中を丁寧に磨くことができなくなります。


そうすると口の中にある歯周病菌が活発に活動しどんどん増殖していくのです。


また歯周病菌は女性ホルモンを好みます。


女性ホルモンを餌にしてどんどん増えたりもするのです!


このようにただでさえ妊娠すると歯周病のリスクが高まるので予防が大事になってきます。


基本的にはブラッシングですがデンタルフロスはタフトブラシといったものと駆使してケアを行いましょう!


早産のリスクを回避するためにも現在妊娠中の方もこれから赤ちゃんを作ろうと思っているかたも歯周病にならないようなケアを日ごろから気を付けるようにしましょう!

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。