歯周病と噛み合わせの関係性

噛み合わせと歯周病には深い関わりがあります。


噛み合わせが悪いと変なところに負担がかかり歯周病になりやすくなります。


人の咬む力はとても強く歯茎への負担は数百キロにもなると言われています。


普段のブラッシングでプラークコントロールがしっかりできていればいのですが、ほとんどの人はできていません。


いかに普段のブラッシングでプラークを少なくできるのかで歯周病の発生リスクを少なくすることができるのです。


しかし普段の生活の中で歯ぎしりや食いしばりがある場合はさらに進行を早めてしまうおそれがあるので、歯ぎしりや食いしばりがある人は早めに受診し改善するようにしましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。