歯周病と全身疾患とは

歯周病は全身疾患と密接に関係があることはあまり知られていませんが近年、糖尿病や心疾患、動脈硬化などと関連があることがテレビなどでもとりあげられています。


歯周病になると歯周病菌が歯肉の中から血管に潜り込み全身をめぐっていきます。


その後歯周病菌が血管に付着し動脈硬化を引き起こすのです。


血管は全身に流れるので心臓や脳の血管な心筋梗塞や脳卒中を引き起こす可能性もあります。


動脈硬化になると血の塊(血栓)ができやすく生死にかかわる事になりかねません。


動脈硬化を起こしやすいのは総コレステロール値が高い人や中性脂肪の多い人です。


歯周病にかかる前に予防をしっかり行うと全身疾患へのリスクも低くなります。


普段から歯周病予防をしっかり行い、早めに治療しましょう!

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。