唾液で虫歯予防ができるのでは?

唾液は口の中をきれいにし汚れを洗い流してくれる役割をしてくれています。


唾液の量は少ないよりは多いほうがより多く洗い流してくれるので多いほど良いと言えるでしょう。


唾液の量が少なくなると汚れが残り虫歯になったり口臭がしたりします。


食べたあとは口の中が酸性になりやすいのですが、この状態が続くと酸で歯が溶けて虫歯を作ってしまいます。


唾液が多いとそれも防いでくれるのです。


万が一、虫歯になり歯が酸で溶かされたとしても、唾液は酸によって溶かされた歯を修復することができるのです。


これを再石化といいます。


再石灰化が多いと虫歯になりにくくなります。


この再石化が弱いと虫歯になりやすいので、やはり唾液の量が多いと虫歯予防の効果が高くなると思われます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。