口呼吸は万病のもと

口呼吸と鼻呼吸って聞いたこと、ありますか?


そのままの意味で鼻で呼吸するのか口で呼吸するのかの違いです。


最近は口をポカーンと開けている人が増えてきているような気がします。


このように口を開けて呼吸していると細菌やほこりを含んだ空気を口の中に入れてしまい乾燥させてしまいます。


そうすると唾液が不足し結果虫歯や歯周病、口臭の原因になります。


それだけでなく風邪やインフルエンザにもかかりやすくなります。


このようなことから口呼吸は万病のもとと言われるようになりました。


免疫力を低下させてアトピーやアレルギーに関係している?


という説も・・・


口に比べ鼻は呼吸するためにできている器官なので空気中の細菌やほこりは鼻毛や粘膜で除去されてるんです!


そのため風邪やインフルエンザにもかかるリスクが低下、口の中の乾燥もなくなるので口臭、歯周病なども防ぐことが可能です。


自分が普段どうやって呼吸しているのか一度確認してみるのもいいですよ・・・


確認してみてもしも口呼吸なら鼻呼吸に変えるようにしましょう!

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。