乳歯時期は永久歯よりも大事

乳歯期とはだいたい6歳ころまでです。


ほとんど人が思っている事。


「それは乳歯はどうせ生え変わるのに・・・」


治療って必要なの?


なかには乳歯を治療しないという親御さんもいます。


とてもビックリしますが実際そういう親御さんがいます。


でも実際は真逆で乳歯期というのは将来を考えるととっても大事な時期なんです。


乳歯期の虫歯を放っておくと大きな病気につながることもあります。


虫歯菌が血管に入ると脳にまで達してしまうことも・・・


また乳歯の虫歯がひどくなると抜歯になるのですが抜歯にはタイミングがあるのです。


本来は生え変わる時期に乳歯を抜くのですが永久歯が生える前に抜いてしまうと永久歯の歯並びが悪くなることもあります。


乳歯と永久歯の交換にはちゃんと正しい時期があるので、そのタイミング以外で行うと様々な害が起こりえます。


乳歯の虫歯がなく自然に永久歯の交換をすると永久歯になってからも虫歯にかかりにくいと言われています。


乳歯の初期の虫歯を見つけるのはとても難しいので子供のころから定期的に歯科検診を受ける習慣があったほうがいいでしょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。