中高年の8割は歯周病

高齢化社会の日本ですが平均寿命は80歳を超えています。


しかし歯の寿命はどうでしょうか?


日本人の歯の寿命は66歳、この数字をみてどう思いますか?


平均寿命が80歳で歯の寿命が66歳・・・


14年も歯がない状態が続くかもしれないということです。


歯がないと食事もままなりません。


義歯をいれたとしても自分の歯のようには噛むことはできないのです。


平均寿命が延びているのなら歯の寿命も伸ばしていかないと大変なことになってしまうのです!


人は生きていくのに食事をとることは必要不可欠。


歯を長く使うには歯周病予防が一番・・・


歯周病は加齢とともに増えていきますが口腔ケアを普段から行っていると防ぐことができるのです。


治療で歯医者に行く人は多いのですが歯医者には予防で行くという感覚をもち定期的にスケーリングしたりクリーニングしたりすることによって虫歯も歯周病を予防することができます。


今からでも遅くないので健康でおいしく食事ができる老後を過ごせるように今から始めましょう!

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。