どのくらいの時間歯磨きをすればいいの?

歯磨きをするのはなぜだと思われますか?


起床後や食後の不快な口の中をスッキリとさせるためでしょうか?


それとも口臭を消すためにでしょうか?


または虫歯や歯周病予防のために歯を磨くのでしょうか?


いずれにせよ歯磨きは私達にとって大変重要な役割を果たしているのです。


では、その歯磨きにかける時間はどれぐらいが適当なのでしょうか?


一般的には歯磨きは「3.3.3」で磨くと良いと言われているのはご存じでしょうか。


「3.3.3」の意味ですが、1日3回、食後3分以内、そして3分間磨くと良いと言われているのです。


近頃は歯ブラシセットを持ち歩いて昼食後もしっかり歯磨きをしている人は多いと思います。


そして1日3回、歯磨きをしている人も、多いのではないのでしょうか。


しかし食後3分以内に歯磨きをする、はどうでしょう。


食後に歯磨きをするという人は多いと思いますが意外にできていないのが食後3分以内の歯磨き。


どうしても食後はゆっくりしているという人が大半で、できない人が多いのではありませんか?


では3分間磨くというのはどうでしょうか?


自分の歯磨きは3分ぐらいは磨けていると思っている人は多いかと思いますが、実際測ってみると意外に短くて時間をかけていないのがわかるものです。


歯磨き粉やマウスウォッシュなどで、口の中がさっぱりしたらそれで歯磨きができていると錯覚し終わってしまう人が大半ではないでしょうか。


また食べ残しや歯垢を取り除く事に注意して歯磨きをすると、それは3分では足りなくなってしまいます。


時には歯磨きの他に、舌ブラシを用いて綺麗に食べ残しを取り除き、デンタルフロスで歯垢になりそうな部分や歯垢を取り除いていると10分ぐらいはかかってしまうからです。


しかし朝の忙しい時間帯や学校やお仕事の休憩時間に歯磨きにそれほど時間はかけられませんよね。


そこでせめて夕食後、就寝前の歯磨きで念入りに時間をかけてプラークコントロールできれば、無理なく虫歯や歯周病予防できそうですね。是非こころがけてみてください。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。